MENU

花粉症の症状(目・鼻・喉)対策とオススメの薬は?

りょうの簡単なプロフィール

31歳一児のパパやってます!
29歳のときに突然、小麦アレルギー(食物依存運動誘発性アナフィラキシー)が発症。
最初は「なんで俺なの」って思ってたけど、これが運命ってやつかな?
現実と向き合って前向きに日々の出来事を発信中!

よろしくです!
目次

花粉症とは?

花粉症とは?

花粉症とは、スギヒノキなどの植物の花粉が原因となり、くしゃみ鼻水が止まらなくなるなどアレルギー症状を起こす病気。
季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれている。


基本的には、原因となる花粉が飛ぶ時期にだけ症状が現れるが、中には複数の抗原(アレルギーの原因となる物質)に対するアレルギーを持ち、1年中症状に悩む人も。

日本における花粉症の発症件数

全国のアレルギー性鼻炎全体の有病率は39.4%
そのうち、花粉症の有病率は29.8%スギ花粉症の有病率は26.5%にも上る。

日本人の4人に1人はスギ花粉症ってことだね。。。
国民病とも言われているみたい。

日本における花粉症の発症時期

日本における花粉症の発症時期

1年の間で花粉の飛散が最も多いのは2月~3月にかけて。
ただ、スギ花粉だけに限らず、基本的には1年中何かしらの花粉は飛散しているので油断は禁物。

花粉名主な飛散時期
ハンノキ属(カバノキ科)1月~6月
スギ10月~5月(2月~4月がピーク)
ヒノキ亜科2月~5月
シラカンバ(カバノキ科)4月~6月
イネ科3月~10月
ブタクサ属(キク科)8月~10月
ヨモギ属(キク科)8月~10月
カナムグラ(アサ科)8月~11月
ネズ(ヒノキ亜科)3月~6月
カバノキ科(オオバヤシャブシ)1月~6月
コナラ、クリ(ブナ科)4月~6月
イチョウ(イチョウ科)4月~5月
ケヤキ(ニレ科)4月~5月
マツ属4月~7月
オリーブ(モクセイ科)5月~6月

こんな日は、花粉飛散量が特に多いので注意が必要!

  • 気温が高くて湿度が低い日
  • 空気が乾燥して風が強い日
  • 雨が降った翌日

住んでいる地域によって誤差はあるけど、1年中気を抜けないのはしんどいね。。。

花粉症の発症率都道府県別ランキング

順位都道府県発症率
1位山梨県77%
2位群馬県69%
3位静岡県67%
4位埼玉県65%
5位東京都64%
6位奈良県64%
7位神奈川県63%
8位愛知県63%
9位高知県62%
10位香川県61%
11位福井県61%
12位三重県59%
13位栃木県59%
14位京都府58%
15位茨城県58%
16位千葉県58%
17位大阪府57%
18位岡山県56%
19位広島県56%
20位岐阜県55%
21位愛媛県55%
22位和歌山県54%
23位熊本県54%
24位福島県54%
25位佐賀県54%
26位徳島県54%
27位兵庫県54%
28位島根県53%
29位宮崎県53%
30位大分県52%
31位石川県52%
32位滋賀県51%
33位秋田県51%
34位福岡県49%
35位宮城県48%
36位長野県46%
37位山形県46%
38位長崎県45%
39位新潟県45%
40位山口県44%
41位富山県44%
42位岩手県44%
43位鳥取県36%
44位鹿児島県35%
45位青森県31%
引用元:ウェザーニュース

自身が花粉症だと自覚している人の割合が最も高いのは山梨県で77%。
山梨県に次いで高かったのが、群馬県静岡県埼玉県東京都など関東・東海がランクイン。

花粉症が発症する仕組み

花粉症が発症する仕組み

花粉症は、目や鼻から入ってくる花粉が原因で起こるアレルギー反応のこと。

体内に細菌やウイルスなどが入ってくると、人間の体はそれを”異物”と捉え、体を守るために『免疫抗体(IgE抗体)』を作る。
これは、人間が細菌やウイルスに負けないために重要な働きだが、アレルギー反応は「花粉」や「食べ物」など、本来は”異物”ではないものを”異物”と誤認して反応し、免疫抗体(IgE抗体)を過剰に作り出した結果、日常生活にも支障を生じる程
の体調不良を起こしてしまう免疫機能の故障といえる。

アレルギーの原因となる主な種類は下記の通り。

  • 吸入性抗原(花粉、動物の毛、カビなど)
  • 食物性抗原(牛乳、肉類、魚介類、小麦など)
  • 薬物抗原(抗生物質、解熱・鎮痛剤など)
  • 接触抗原(金属、化学物質、化粧品など)

花粉症になりやすい人、なりにくい人がいる?

個々の体質や生活習慣、食生活、住環境によって変わり、アレルギー物質に対しての許容量(受容可能な容量)は、
体質が異なるのと同じで、個人差がある。

日々生活をしていく中で、体内に蓄積された花粉の量が『許容量を超えた時』に発症するとも言われている。

僕も20代前半までは特に気にならなかったけど、20代後半で「これが花粉症か…」って思うようになったよ。

花粉症の症状

花粉症の症状

花粉症は、透明のさらっとした鼻水鼻詰まり、発作的で連発するくしゃみ目の痒みかゆみ)などが主な症状
症状が重くなると、皮膚の痒みかゆみ)や頭痛、だるさ、不眠などを引き起こすことも。

目の症状

  • 流涙
  • 充血
  • 痒み(かゆみ)

鼻の症状

  • 鼻水
  • 鼻詰まり
  • くしゃみ

喉の症状

  • 痒み(かゆみ)
  • イガイガする

その他の症状

  • 頭痛
  • 微熱
  • 倦怠感(だるさ)
  • 皮膚症状
  • 咽頭痛

ドラッグストアで市販されている薬ではなく、医療機関(耳鼻科、アレルギー科)で自分の症状にあった薬を処方してもらうことをオススメします!

花粉症の際の対処法

花粉症の際の対処法
  • 「目が痒い!」
  • 「くしゃみが止まらない。。。」
  • 「喉がイガイガする…」

こんなことを感じたら要注意!

体の異変を感じたら、すぐに病院に行ってしっかりと診断してもらいましょう。

主な治療法

方法内容
飲み薬アレルギー反応を内服薬で抑える。
漢方薬を併用して相乗効果を利用する方法もある。
種類によっては眠気が生じるため、車の運転などは厳禁。
点眼薬アレルギー反応による目の痒みかゆみ)、充血、腫れなどに使用。
目の痒みかゆみ)を効果的に抑えることができる。
点鼻薬鼻に直接スプレーすることで、鼻水鼻詰まり炎症に効果あり。
血管収縮剤やステロイドが含まれているため、最小限の利用が望まれる。
注射ステロイド注射…1度打つと数ヶ月効果が持続するが、副作用も出やすい。
ヒスタミン注射…アレルギー反応を抑え込む。月に1度の注射。
アレルゲン注射…スギ花粉症の治癒が目的。通院回数が多い。
舌下免疫療法アレルギーの治癒が目的。
自宅で毎日、舌の下に垂らして服用する。
2週間~1ヵ月に1度、処方のために通院が必要。

今すぐできる対処法4か条

  • 常にマスクメガネを着用する
  • ツルツルした素材の服装を着用して花粉が付着しにくくする
  • 室内に入る前に衣服についた花粉を払い落とす
  • 手洗い、うがい、洗顔をこまめにする

飛散する花粉を100%防ぐのは難しいけど、日々の積み重ねが重要だね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

りょうのアバター りょう 30歳一児のパパ

29歳のときに突然、小麦アレルギー(運動誘発性アナフィラキシー)が発症。
最初は「なんで俺なの」って思ってたけど、これが運命ってやつかな?
現実と向き合って前向きに日々の出来事を発信中!

娘の誕生直前ドタバタ劇はこちらから
↓↓↓↓↓

コメント

コメントする

目次
閉じる